• April
    14
    2017

    鎌倉だより⑤

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今夜も原田さんの晩飯が美味い!

     

    大工工事部の瀧本です。

     

     

     

     

     

     

    ルールは簡単

     

     

    二つの耐力壁を押し合って変形量が小さい方が勝ち

     

     

    各チーム続々と形になってきました

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    どれが優勝すると思いますか?

     

     

     

     

    さっそく見ていきましょう

     

     

     

    一回戦

     

     

    こういうことですね

     

     

     

     

    そして

     

     

     

     

     

    勝負あり

     

     

     

    ちょっと分かりにくいですが、左の耐力壁はほぼ変形していませんが右の方は歪んでいますね!

     

     

     

     

    二回戦

     

     

     

     

    三回戦

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    試合が進むにつれ、みんなも耐力壁につられて傾いていきます

     

     

    ときには

     

     

     

     

    材料が限界に達しこんなことに!!!

     

     

     

     

     

     

    構造の選択

     

     

    仕口の収め方

     

     

    材料の欠損量

     

     

     

     

     

    各チーム趣向を凝らして作ったものが

     

    「破壊」

     

    という形で結果になります

     

     

     

     

     

    盛り上がってきましたね

     

     

     

    詳しくは

    ながともさんの「加工場から目が離せない理由」で

     

     

     

     

    一方その頃、現場では

     

    助っ人外国人の内田さんが埋木で準備運動を終え、窓枠に取り掛かりました。

     

     

    平松さんは大きい窓が大好きです。

     

    原田さんは2Fから1Fに戦いの場を移し、大好物の窓枠と向かい合います

     

     

    少しずつですが確実に材料が減っていっています

     

     

    御蔵入りした博康さんはときどき蔵から出てきては工程を記します

    まだまだ蔵からは出られなさそうです。

     

     

     

     

    「くも」に取り組む唯希さんはいつも以上に集中しています

     

     

     

     

    そして

     

     

     

     

     

     

    必死で出した墨を

     

    必死に消していく男

     

    横尾慎介

     

    春の訪れとともに賑わうT様邸でした

     

     

     

    ではでは

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

 
大工の日々―平成建設職人集団
© 2013 Heiseikensetsu Co., Ltd. All Rights Reserved.