• April
    20
    2017

    鉄扉

    こんにちは、大工工事部四課の石川です。

     

     

     

    桜満開!!

     

    春ですねー!

     

    今年は雨の日が多くて、お花見できない日が続きましたが、皆さんはどうでしたか?

     

    私は晴れた日を狙って、昼休みに現場周辺を散歩しがてら、満開の桜を見てきました。

     

     

    なんと、チューリップも!

     

     

    一方、現場では、

     

     

    先日、前回のブログで予告した鉄扉(てっぴ)の取り付けが行われました。

     

    「てつとびら」ではないですよ。てつとびらと書いて「てっぴ」と読みます。

     

    今回は、扉の部分ではなく、扉の周りの鉄枠が取り付けられました。

     

     

    鉄でできていて、かなりの重量があるので、クレーンを使って吊り上げます。

     

    そして、建物と足場の隙間を、細心の注意を払って、取り付け位置まで降ろしていきます。

     

    絶妙な操作でスイスイ作業を進めるのは、鉄工所の職人さん達。

     

    さすがプロですね。

     

     

     

    枠の裏側から、たくさんのボルトで締めて固定します。

     

     

     

     

    枠が付くところの下地を自分が組んだので、ちゃんと取り付くか心配でしたが、

     

     

     

    じゃん!!

     

    こんな感じで、無事取り付け完了です。

     

    段々、蔵っぽくなってきましたね。

     

     

    後日、仕上げの塗装がされて、ピカピカになりました。

     

    次は、この枠に、霧除けを取り付けていきます。

     

    まだまだ、蔵から出られそうにないですね。

     

    霧除けの取り付けはまた次回までのお楽しみです。

     

     

    少し、蔵を出て本屋へ…

     

     

     

    ん!?

     

     

     

    おやおや!!

     

    私が、蔵にこもっている間に、手元の照らし方に変化が!

     

    壁から野縁を伸ばして、そこに照明をセットするのが流行っているみたいです。

     

    野縁の根元がフレキシブルに動いて、かなり調子がいいみたいですよ。

     

     

    そして、

     

     

    厚木からの助っ人、加藤君です。

     

    沼津での埋木で残ってしまったところを進めてもらっています。

     

    沼津や厚木からいろんな人が鎌倉に集まって、一緒に仕事ができるのは、本当に貴重な事だと思います。

     

    こんなに多くの人が関わる現場はめったにないですからね。

     

     

    そろそろ、蔵にも助っ人来てくれないかなぁ(笑)

     

     

    Profile | 大工


    石川 博康(いしかわ ひろやす)

    一級建築大工技能士

 
大工の日々―平成建設職人集団
© 2013 Heiseikensetsu Co., Ltd. All Rights Reserved.